恋人より風俗嬢

好みのお尻をした風俗嬢

女性画像インターネットでネットサーフィンをしていた時にたまたま好みの尻をした女性を見つけた。彼女の尻はすごく張りがあってキュッと引き締まっている、まさに美尻と言っても過言ではない代物だった。何枚か写メを見ていると彼女とエッチがしたいという願望に駆り立てられて、彼女が地元のデリヘルで働いている風俗嬢ならいいなと思って宇都宮でデリヘル情報が満載のサイトに載っているブログ等をチェックしてみた。すると、地元ではなかったけど二つの県が離れた場所にあるデリヘルに在籍している風俗嬢だった。そのくらいの距離であれば俺が移動すればいいだけの話だし、どうしても彼女とエッチがしたくて予約をした。指定されたホテルに行くと、あのプリ尻をした彼女がちゃんと待ち合わせ場所にいた。あまりにも嬉しくてあってすぐにお尻の感触を堪能した。さすがに外で触るのはまずいと言われたので、ホテルに入ってからじっくり彼女の尻を堪能した。あの張りと弾力はマジで凄すぎたし、何といっても俺好みの尻だったからすぐに射精することができたよ。

お尻の臭いを嗅がせてくれた風俗嬢

俺は射精をする寸前になると必ず女性のお尻を嗅ぎながら自分でシコシコしている。相当特殊な性癖の持ち主であることは自覚していて、実際に一度だけ恋人にしてもらったんだけどものすごく冷めた目で見られたことがあった。あの時の恋人の冷ややかな目は今でも覚えているし、半分トラウマっぽくなっているからこの性癖をなくしたいと思っていた。でも、女性のお尻の臭いが好きなのはどうしてもやめられないし、我慢すれば我慢するほどもっとお尻の臭いを嗅ぎたくなってくる。俺の性欲があと少しで暴走しそうになったので、とりあえずデリヘルを頼んで風俗嬢のお尻の臭いを堪能することにした。お尻の形と風俗嬢の顔をチェックしながら相手を決めて、デリヘルの受付に予約した。家に来た彼女に自分の希望プレイを伝えると、初めは一瞬引いたような態度を見せたけどすぐにお尻を突き出してくれた。そして、俺な遠慮なく彼女のお尻の臭いを嗅ぎながらシコシコして、最後はお尻に大量の精液をかけた。

風俗嬢のお尻の臭いに興奮した

魅力的なお尻をした女性を見るとついエッチをしたくなってしまう。張りと弾力に優れたお尻をバックからパンパンできれば最高に楽しいし興奮するんだけど、個人的には顔面騎乗のお尻バージョンでも十分に興奮できる。何といっても女性のお尻ってすごくエッチな臭いがするし、あの臭いですぐに肉棒がビンビンになってしまうんだよな。ただ、お尻の臭いで興奮するっていうのは結構変態な部類に入る性癖なので、一般女性にこの性癖を伝えると高確率で嫌われてしまう。自分としては性欲処理にもポリシーがあって、相手が嫌がることを絶対にしたくない。そのため、お尻の臭いを嗅がれても大丈夫な相手を探すのだが、そういう時はデリヘルを利用したほうが一番安全。デリヘルなら自分の趣味に合った風俗嬢を紹介してくれるし、自分のような変態な性癖を持った相手とのエッチになれた女性が来てくれるから安心して変態になれる。風俗嬢に顔面騎乗をしてもらってたっぷりお尻の臭いを嗅いだら、すぐに射精してしまった。